肩こり予防に

こんにちは!

昔はお盆過ぎたら過ごしやすかったのに最近はお盆過ぎても真夏のような暑さが続きますね。

残暑が厳しい中みなさんは笑顔で生活できていますか?

最近当院に肩こりで来院される方たちに問診していると結構共通点があることに気付きました。

その1つの共通点は?

夜お風呂につからないで、シャワーですませている事!

最近は特に暑いしシャワーでささっとってかたも多いのではないでしょうか。

「普段シャワーばかりだけど、たまに湯船につかるとお風呂上りに肩や首が軽くなった」

と感じる事ってありませんか?

お風呂に入るだけでも肩こりが少し改善する事がるんですよ!これも立派なセルフケアです。

その理由をお話していきますね(^^)/

 

お風呂に入ると肩こりが改善する理由

 

なぜ入浴後に肩・首が楽になったと感じるのか?

 

その理由の一つとしては、入浴によって血流がよくなるから!

肩こりの原因としてはスマホの使用・仕事での長時間のデスクワーク・重い荷物の持ち運び

などが挙げられます。

パソコン・スマホを長時間同じ姿勢でずっと使用すると、肩・首の筋肉がほぼ伸縮せず固まってしまいます。

筋肉が固まってしまうことにより筋収縮がおきにくくなり血流が悪くなります。

血流が悪くなることによって、老廃物が溜まり、その溜まった老廃物によって、さらに筋肉が圧迫されることで、肩こり・首こりが発症してしまうんですね。

血流が悪いせいで肩こり・首こりになってしまっているのなら、血流を良くしてしまえばそれだけでも

少し改善されます。

それに役立つのが入浴なんです。

人間の体は体温を平熱に保つために暑ければ血管を広げて体から放熱し、逆に寒いと血管を収縮させ

体温を逃がさないようにします。

なので入浴すると血管を広げて血流をよくするんです。

血流が良くなれば、硬くなった筋肉がゆるみ肩こり・首こりが少し楽になります。

そしてこの入浴のもう一つのいいことはリラックスできる事。

実はこの『リラックスする』という行為が血流改善に関係するんです。

リラックスすると、自律神経である副交感神経がはたらきます。活動時は基本交感神経が働いています。

副交感神経が刺激されると、血管を拡張させて血の流れを安定させるんです。

リラックスをする事が肩こり・首こりを和らげる効果があるんですね。

お風呂が心から大嫌いな人はダメだと思います(笑)

 

ここまでで入浴と肩こり・首こりの関係性はわかってもらえたと思います。

入浴のポイント

1 肩・首までしっかりつかる事!半身浴では意味ないですよ。

2 あまり暑すぎるお湯に入らない事!

暑すぎるとリラックスできないですからね。39℃~41℃くらいが理想です。

3 入浴時間は15分~20分程度でよいと思います。

ゆっくりとお湯に浸かることで、リックス効果、血行促進効果があり、緊張していた筋肉がほぐされます。

入浴後はストレッチなどをして更に肩・首周りをほぐしましょう。

簡単なストレッチ載せておきます。

何だか当たり前の事を書いたように思いますが、実践されてるかたは少ないんじゃないでしょうか?

暑い日は続きますが毎日入浴することも肩こり改善に大事ですよ(^^)/

肩こりでお悩みの方ご相談だけでもお待ちしております。

清田中央整骨院 TEL011-886-0007

最後までお読み頂きありがとうございます!

いつも笑顔でお待ちしています!

 

 

 


2018-08-23 | Posted in ブログComments Closed 

関連記事