交通事故のむち打ち緩和は早期の施術が重要!治療の流れを解説

ブログ

交通事故のむち打ち緩和は早期の施術が重要!治療の流れを解説

2024/04/12

 

 

交通事故の後によく見られるのがむち打ちです。

むち打ちの緩和のためには「外傷がないから大丈夫」などと考えず、早めに施術を受けることが重要になります。

むち打ち緩和のためになぜ早期施術が重要になるのか、理由を説明します。

 

■むち打ち緩和のためには早めの施術が重要な理由

 

むち打ちとは「交通事故の際の首やその周辺に衝撃・ダメージがあり、首がムチのようにしなることによって起こる痛み・不調」のことです。

むち打ちは体の内部への衝撃・ダメージなので、外傷がなくても痛み・不調が出てくるところが特徴になります。

加えて、交通事故の直後ではなく、翌日や翌々日など時間が経ってから出てくるところも特徴です。

むち打ちと言われると首の痛みを想像する方が多いかもしれません。

むち打ちは首の痛みの他にもさまざまな痛み・不調の原因になります。

 

・首や肩、頭、背中、腕などの痛み

・慢性的な頭痛

・吐き気やめまい、ふらつき

・不眠、疲労感が取れない

・腕の痺れ

・肩や首のこり

・目のかすみや痛み  など

 

むち打ち緩和のためには早めの施術が重要だと言われる理由は、むち打ちはこういったさまざまな痛み・不調の原因になってしまう他、体の他の部位の痛み・不調の原因になってしまうからなのです。

 

また、むち打ちは放置していても自然の緩和することは、まずありません。

首とその周辺は人体の中でも特に重い部位である頭を支えています。

日常の動作にも関わるため、常に負担がかかっていると言えるでしょう。

放置するとむち打ちが緩和するどころか、かえって悪化する可能性があります。

緩和のためにもむち打ちを放置せず、早めの改善施術が重要です。

 

■交通事故のむち打ち緩和のための治療の流れ

 

交通事故のむち打ち緩和の治療は整骨院でも対応しています。

むち打ちの場合、整形外科などの病院を受診しても、湿布を処方されて様子見になることも少なくありません。

整骨院はむち打ちや病院が対処しにくい痛み・不調の改善施術を得意としています。

むち打ちの緩和なら整骨院での交通事故治療がおすすめです。

 

ただ、整骨院でむち打ち緩和の交通事故治療を受けるためには、先に病院で診察を受け、診断書をもらう必要があります。

診断書をもらう際に、医師に整骨院も受診する旨を伝えて承諾をもらってください。

先に診断書や医師の承諾をもらっておかないと、後から加害者や保険会社に「交通事故とは関係のない治療ではないか」と言われトラブルになる可能性があるのです。

整骨院でむち打ち緩和のための交通事故治療を受けるためには、まずは病院を受診し、それから整骨院に足を運ぶという流れになります。

 

■最後に

 

むち打ちを放置していても、痛みや不調を体の他の部位でかばってしまい、かえって状態が悪化する可能性があります。

常に痛みや不調を抱えていることで日常生活や仕事への影響も考えられます。

むち打ち緩和は早期の改善施術が重要です。

 

当整骨院は交通事故治療を得意としています。

むち打ち緩和についても多数対応実績がございますので、ぜひお任せください。

 

交通事故のむち打ち緩和なら、清田中央整骨院へお気軽にご相談ください。

メールで
問い合わせ