ブログ

【寝違えで首が痛む・・・整骨院で有効な治療ができるの?】

2022/01/13

■寝違えの症状と主な原因

 

首の寝違えとは「眠っているときに何かが原因で首から肩にかけて痛めてしまうこと」です。

症状には個人差やケース差があり、鈍い痛みで首が動かしにくいケースから痛みで首をほぼ動かせないケースまでさまざまです。

中には首だけでなく肩も含む広範囲の痛みで悩ませられるケースもあります。

寝違えの原因は睡眠中の動きや不自然な寝相、枕などが考えられます。

このような原因により血液の供給不良が起こって肩や首の不調につながったり、肩や首の筋肉に痙攣が起きてしまったりすることで、痛みや動かしにくさにつながるわけです。

中には仕事やスポーツのときに起こるようなこむら返り(筋肉の痙攣)が原因になっているケースもあります。

一言に首の寝違えといっても、いろいろな原因が考えられるといえます。

首の寝違えの特徴のひとつが病院での診断の難しさです。

首の痛みがあるということは、首の炎症など何らかの痛みの原因があることは確かなのですが、画像や検査で首の寝違えの検査を特定することは困難だと言われています。

病院を受診しても「画像からは特定できないが首の寝違えだろう」で終わることも少なくありません。

 

■寝違えに対する整骨院のアプローチ

 

寝違えは病院で原因を特定することが難しいからこそ、体の痛みの改善を得意としている整骨院の出番です。

整骨院での首の寝違えへのアプローチは、カウンセリングや体の状態のチェックから首への負担や原因になっているポイントなどを確認し、痛み改善のための総合的な施術を行います。

首の寝違えが起きたとき、肩こりにより寝苦しい状態になっていたとします。

この場合は首の痛みを改善しても、肩こりにより再び首の寝違えを起こしてしまうことでしょう。

寝違えによる首の痛みを取ることも重要ですが、首の寝違えを繰り返さないために大元の原因にアプローチすることも重要です。

そのためにも整骨院は生活や体の動かし方へのアドバイス、原因解決につながる首以外の部位へのアプローチなども積極的に行います。

 

■最後に

 

首の寝違えは、痛みが酷いと日常生活や仕事にも影響が出てしまいます。

痛みで仕事に集中できないこともある他、首が動かせなくなってしまい、生活や仕事のふとした動きすら辛くなってしまうのです。

首の寝違えにはさまざまな原因やケースが考えられます。

整骨院は首をはじめとした痛みの緩和や改善を得意としています。

繰り返す首の寝違えや、日常生活に影響が出るような寝違えは、整骨院で対処してはいかがでしょう。

首の寝違えでお悩みなら、清田中央整骨院へご相談ください。

体に合った施術を提案いたします。

メールで
問い合わせ